スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単スポンジ生地でレパートリーを増やそう☆彡

三月十一日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。


久々のケーキレシピです
以前写真を公開した苺とアップルキウイのデコレーションケーキも同じ生地で作りました♪

鉄板!スポンジ生地

圧縮画像ロールケーキ2デコレーション横圧縮

今回はロールケーキの作業工程になります

私のお気に入りのふかふかスポンジ

米粉を使ったスポンジをちょこっと教えてあげる「プチケーキ教室」を開催した事も有り
米粉にこだわってのレシピ紹介になります♫

米粉が沢山あるので、しばらく製菓用米粉リ・ファリーヌと共に過ごす幸せタイムになるはずです

代用も出来るので、最後まで見て頂けると嬉しいです

1.jpg 2.jpg
~材料~
米の粉=リ・ファリーヌ(又は薄力粉=スーパーバイオレット)
卵(Lサイズ)3個
上白糖60g
あればバニラオイル適量

生クリーム150ml
砂糖5~10g(クリーム用)

苺適量

~下準備~
(1)30×30cmの角型もしくは天板にクッキングシートを形に合わせてカットする。
 大きめの天板の場合、薄めの焼き上がりになるので、焼き時間を短縮して下さいね
(2)オーブンに余熱を入れる。(190度)余熱と共に焼き時間をセットする場合12分前後
(3)シロップ  砂糖:浄水=1:2を鍋に入れ沸騰させ冷ます。(日持ち…冷蔵で2週間位)
  (例)砂糖:浄水=50g:100cc シロップを塗るとしっとり感がアップするので是非作ってください♪
(4)焼いている間に生クリームを泡立てる。(後に冷蔵庫保存しておく。)
  巻き込むので角が立つ位固めに立てる!

①卵は低速でほぐし、上白糖を入れ飛び散らないように馴染ませたら高速で混ぜていく。

3.jpg 4.jpg
②このように白くもったりしてきます。空気が含まれるので、量も増えます。
  写真右の状態までの所要時間5~10分。根気よく頑張ります。
  ※ハンドミキサーによって時間が変わります。
 左右の写真を見比べると量が又増えていて、角がしっかり立ってますね!
 (わかりやすいように中深めボウル使用。実際には大き目ボウルを用意。)

5.jpg6.jpg
③低速でキメを整え、高い位置から粉をふるい入れる。

7.jpg8.jpg
④泡立て器でグルグル粉気が見えなくなるまで混ぜる。(30秒~1分程度)
  ゴムべらに持ち替え粉ムラがなくなるまで底から切り混ぜる。(写真右)
  混ぜ過ぎると木目が細かくなり、ふわふわ感が減るので注意!!

9.jpg 10.jpg
⑤型に低い位置から流し入れ、ゴムべらか、あればコルヌ(カード)で表面をならす。
濡れ布巾の上で軽く型をトントン落とし、荒い気泡を抜く。

11.jpg 12.jpg
⑥余熱したオーブンで190度12分位焼き、一度取り出して型紙を軽く持ち上げ、裏面を確認。
うっすら焼き色が付いていれば焼き上がりです。(焼き時間は±2~3分で調節)
型紙を付けたまま型から取り出し、焼き面をラップで密着させる。

13.jpg 16.jpg
⑦完全に冷めたらラップを剥がし(焼き面がラップにくっついて剥がれてくれる)
  巻き終わりを馴染ませる為、写真右のように1cm位を斜め削ぎ切りにする。
  シロップを全体に打つ。(ハケで塗る)→余裕がなければ無くても良いです。
                                                       
17.jpg 18.jpg
⑧斜めにカットした部分を奥に置き換え、角が立つまで泡立てた生クリームを
 ゴムべらの 2すくい分残し全体に広げる。※奥側1cmには塗らない。
  苺を並べ、残り2すくい分で苺を隠す。
⑨手前から巻きずしのように巻いていく。

19.jpg             
⑩冷蔵庫で冷やし生地とクリームが落ち着いたら、好みで粉糖をふるいかける。

今回のシート生地は好きな形にカットして重ね、デコレーション 用としても使用出来ます

※デコレーションの際は生クリームを軽くお辞儀するくらいの硬さで調節する。
  立て過ぎるとデコレーション中にボソボソになってしまうので注意!!

スポンジ生地って意外と苦戦される方が多いので、是非参考にして頂きたいです。

Facebook ひまわり7月






スポンサーサイト

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

大好き!ミルクのシフォンケーキ(^^♪

今回は…デコレーションしてもよし、
そのままカットしてフレッシュクリーム(純乳脂肪がイイ)を添えてもよし、
溶かしたチョコメイプルシロップをかけてもよし…
応用しやすいシンプルなシフォンケーキを紹介します
もちろん、そのままでも美味しいよ
シフォン=軽くふんわりしたと言うように、柔らかくてフワフワ(*´∀`*)
ちなみに我が家では朝食に登場する機会が多いです。


ミルクのシフォンケーキ


(17cm 紙のカップ使用) 焼き時間 180度30~35分

~材料~
卵黄3コ 
上白糖30g(1)
サラダオイル30cc(大さじ2)
牛乳 40cc
薄力粉75g
卵白4コ分
上白糖35g(2)
※注意 ※
卵はMサイズ
サラダオイル…特保系は

~下準備~
オーブンは180度に予熱しておく。 

IMG_0368_convert_20110214153632.jpg  IMG_0207_convert_20110301204748.jpg  
①卵黄は軽くほぐし、砂糖(1)を加え、 しっかり混ぜる。
3~4分は高速で混ぜて下さい。しっかり空気を含み、もったりしてきます。
(マヨネーズくらい…言いすぎかな
サラダオイルを加え、低速で馴染ませる。

IMG_0208_convert_20110301205004.jpg  IMG_0209_convert_20110301205205.jpg
②牛乳を2回に分け加え泡立て器でグルグル混ぜる。
写真左のようにサラサラした状態になりますが、気泡は十分残ってます。
粉をふるい入れ、練るようにグルグル混ぜる。
(以前アップした大好きシフォンケーキ♪ の⑤参照)
ダマが無くなり、ドロっと流れ落ちる状態。(写真右)

IMG_0210_convert_20110301234233.jpg  IMG_0211_convert_20110301234259.jpg
③卵白は軽く泡立てて、コシを切る。ハンドミキサーの羽にかかる位(写真左)になったら、
砂糖(2)の1/2を入れ、中速で混ぜる。立てたメレンゲの角がお辞儀するようになったら、
残りの砂糖を加え、中速で ピンと角が立ちツヤのある状態まで泡立てる。(写真右)
分かりにくい時は大好きシフォンケーキ♪ の⑥をご覧下さい!

IMG_0216_convert_20110301205443.jpg  IMG_0217_convert_20110301205525.jpg  
④②に③(メレンゲ)の1/3を加え、円を描くようにすくっては落とすすくっては落とすを繰り返す。
(写真左…犠牲の卵白と言う)しっかり目に混ぜておく。
更にツヤよく立て直したメレンゲの残り半分加え、同じく混ぜる。
ここは少しメレンゲの筋が残る程度に混ぜる。

IMG_0218_convert_20110301205555.jpg IMG_0222_convert_20110301205837.jpg
もう一度繰り返し、仕上がったのが最後はゴムべらで整える。
シフォン専用の型に高い位置から流し込みます。
何度も登場してますが、分かり辛い場合は大好きシフォンケーキ♪ の⑨を覗いてみてください。
そうすることで大きな気泡が潰れ、よりきめ細かな生地に仕上がります。
※17cmの型でこの位の量になるとベスト!(写真右)
型ごとトントンと軽く2~3回落として更に安定させます。

IMG_0224_convert_20110301205955.jpg IMG_0226_convert_20110301210106.jpg
焼き始めてから6~7分少し膨らんでる↑  17~18分でこんなに膨らんだ↑
牛乳の水分が蒸発して行く過程で上に持ち上げられるのが特徴。

30分後焼き上がったら一番高そうなヵ所を竹串で下まで刺し、
ベタベタしていなければ焼き上がり。
ネトネトしていたら更に5分くらいまでで調節して焼いてください。

IMG_0227_convert_20110212232048.jpg   
焼き縮みを防ぐためにカップ等を置き生地が付かないように安定させる。
しっかり冷まして更に半日密封(大き目ポリ袋)して保存した頃がしっとりしていて一番好きです☆

前回のシフォン型より小さめを使用していて配合も変えています。



以前、娘とデコレーションした事がありますが、
生クリームでコーティングした後、薄くスライスしたフルーツ(苺とキウイ)
ペタペタ張り付けました!!
確か一昨年のクリスマスだったかな??
とっても楽しかったのを覚えてます

画像が残ってなくて残念(~_~;)

このケーキはおうちにありそうな材料で出来るのでとってもオススメです
紙の型はイオングループやダイエー等で簡単に入手出来ますよ!



最近はおうちごはんブームで、お料理を楽しんでらっしゃる方が増えてますね。

本屋さんでも沢山のレシピ本が出回ってます。
私にとって宝の山??って思うくらい幸せな場所でもあり、
見ているだけで満腹!?…にはならないか(・・;)
とにかく楽しいです

でも、分かり辛いレシピって意外と多いんですよね…
お菓子やパンに関して特にそう感じてきました。

一時期専門の教室に通い、講師としても働いていた時期があり、疑問と向き合うようになりました。
とにかく作りまくったなあ(;´∀`)

お菓子やパン作りが大好きで、追求すると奥が深い…だから面白いんだけど
まだまだ学びたいことも沢山…多分生涯思い続けるんだと思うなあ

クックパッドに投稿とか考えたりするけど、まあそのうちでいいかな??

これからも気まぐれにアップしていきたいと考えてます(#^.^#)



製菓・製パン材料なら製菓材料倶楽部

中間マージン大幅カット!『安く』て『豊富な品ぞろえ』















大好きシフォンケーキ♪

我が家ではケーキの中で一番人気のあるシフォン生地。
プレーンタイプのものなら朝食でよく登場します。

シフォン=軽いふわふわした と言う訳通り、
本当に柔らかくてふわふわ(*´∀`*)
軽いからパクパクいけちゃいます

甘過ぎず、ココアの香り漂う大人のケーキ
…そんなイメージがぴったりのヘルシーケーキをご紹介します!!

シフォンケーキ(チョコレート) 18cm紙製のシフォン型

IMG_0441_convert_20110214023713.jpg

IMG_0442_convert_20110214165345.jpg

~材料~
卵黄  Mサイズ4コ
☆上白糖 35g
サラダオイル 40cc(特保系は…膨らみが悪くなるので)
浄水 60cc
薄力粉 60g
ココアパウダー 20g
卵白 Mサイズ5コ分
※上白糖 40g
チョコチップ又は好みのチョコレート40g
IMG_0367_convert_20110214153558.jpg

~下準備~
塊のチョコの場合はは7mm位にカットしておく。
(チョコチップよりも大き目なので、底に沈み存在感が出やすい。)
粉類(薄力粉とココアパウダー)は合わせてふるっておく。
オーブンに余熱を入れる。180度30~35分 

IMG_0368_convert_20110214153632.jpg IMG_0371_convert_20110214154108.jpg    
①卵黄に☆上白糖を入れ、ハンドミキサー低速で馴染んできたら、高速で3~4分
  しっかり混ぜる。(写真右のように白っぽくもったりするまで)
②サラダオイルを加え、全体に馴染ませる。

IMG_0378_convert_20110214154222.jpg IMG_0380_convert_20110214154523.jpg
③泡だて器に持ち替えて浄水を2回に分けて加え、その都度馴染ませる。
 (この時、サラサラした液体になるが、気泡は残っている。写真左)
④下準備で一度ふるった粉を、少し高い位置から、空気を含ませるようにふるう。

IMG_0385_convert_20110214154712.jpg IMG_0386_convert_20110214154827.jpg
⑤泡だて器をしっかり握り、グルグル円を描くように混ぜる。
 ダマが無くなり、スルスル繋がりのある落ち方をするまで混ぜる。(写真右)

IMG_0387_convert_20110214154914.jpg IMG_0388_convert_20110214155422.jpg
⑥別に用意したボウルで卵白を低速でコシ切り(混ぜる)し、
 ハンドミキサーの羽にかかるまで少し泡立てる。
 ※の上白糖の半分を入れ、柔らかく垂らすとお辞儀する位まで中速で混ぜる。
 残りの上白糖を加え、角がピンと立つまで中速で混ぜる。
  その後、低速で1分程キメを整える。
   しっとりツヤのあるメレンゲが出来る。
IMG_0391_convert_20110214155455.jpg 
 

IMG_0392_convert_20110214155537.jpg IMG_0394_convert_20110214160021.jpg
⑦⑤の生地にメレンゲの1/3を入れ、円を描くようにすくっては落とすすくっては落とす
 …と言う作業を繰り返し、しっかり目に混ぜる。(写真左のメレンゲが見えなくなるまで)
 メレンゲを立て直して残りの半分加え、同じ作業を繰り返す。
   マーブル状の段階(写真右)で、更に立て直した残りのメレンゲを加え、
   メレンゲの筋が少し残るところで ゴムべらに持ち替える。

IMG_0395_convert_20110214160207.jpg IMG_0396_convert_20110214160344.jpg  
⑧チョコチップ又は刻んだチョコを加え、ざっと混ぜ合わせる。
 更に切り混ぜ、スルスル落ちるようになるまで続ける。(写真右)

IMG_0397_convert_20110214160432.jpg IMG_0398_convert_20110214160519.jpg
⑨高い位置から型に流し込む。(写真左)
⑩軽くトントン落とし、空気抜きをする。

IMG_0399_convert_20110214160904.jpg IMG_0400_convert_20110214161015.jpg 
180度30~35分焼き、一番高いところを竹串で下まで刺し、
 ねっとりした生地が付いてこなければ焼き上がり!
 (上火が強めのオーブンで作った事により、膨らんだ時に出来るヒビ割れがイマイチですね
⑫すぐに逆さまにし、しぼむのをおさえる。
 (真ん中にはコップ等を置き、生地に触れないよう安定させる)
  しっかり冷ます。
 数時間~半日位寝かすとしっとり落ち着き、より美味しい
 (乾燥しないよう、ラップをするか大き目ポリ袋に入れる)

今回は紙タイプの型を使用しているので、線に沿ってはがしましたが、
  アルミ等の繰り返し使える型をご使用の場合は、専用ナイフが必要です。
  
このレシピは18cmシフォン型専用に考案してます。
     当たり前の事ですが…サイズが変わると 生地が多過ぎて、焼いている間に溢れ出したり、
  逆に生地が少な過ぎて、高さが出なかったり…食感まで変わっちゃいますので
  規定サイズで作成することをオススメします。

かぼちゃパウンドレシピ公開(´∀`*)

 かぼちゃのパウンドケーキ                      ※7cmのシリコンピラミッド型(6×7×17cmのパウンド型可) 
 お好みの型で出来ますが、焼き時間は調節して下さい。                  
IMG_0321_convert_20110205133506.jpg

~材料~                     
かぼちゃ60g(皮は除く)
無塩バター100g
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ1/4(約1g)
塩ひとつまみ(3本指でつまむ)
アーモンドパウダー30g
卵Mサイズ2個
生クリーム40g
栗の渋皮煮(甘露煮でも可)2粒 (小豆や黒豆適量も美味しい!)

~下準備~
1、 かぼちゃはラップに包んでレンジで500w 2分。温かいい 内にペースト状にし、十分冷ます。
2、全て室温に戻す。 オーブンは170度に余熱しておく。 パウンド型で作る場合、型紙を作成する。
IMG_0303_convert_20110207014316.jpg  IMG_0304_convert_20110207022723.jpg 
3、薄力粉とベーキングパウダーは2回振るっておく。
4、 アーモンドパウダーは荒目のザルでこす。
5、栗は1cm角に切る。

~手順~
IMG_0305_convert_20110207014504.jpg IMG_0306_convert_20110207014534.jpg IMG_0307_convert_20110207014616.jpg 
①バターをハンドミキサーでほぐし、砂糖半量と塩を加え、白っぽくなるまでまぜる。
②かぼちゃペーストを加え、均一に馴染ませる。
③卵黄を割り入れ(卵白は別のボウル)均一に混ぜ、生クリームを3~4回分けて加え、
 その都度混ぜる。
④アーモンドパウダーと栗を入れ、馴染むまで切り混ぜる。
IMG_0308_convert_20110207014736.jpg
⑤メレンゲを作る…
 卵白のコシを切り、軽く泡立て、羽根に掛かりはじめたら残りの砂糖の半分を入れる。
 おじぎするくらいになったら残りの砂糖を加え中速でツヤよく泡立てる。
 キメを整える為、低速で1分混ぜる。
注)ハンドミキサーの羽は洗うか別のものと取りかえる。濡れていると泡立たない。
IMG_0309_convert_20110207014847.jpgIMG_0310_convert_20110207014919.jpgIMG_0311_convert_20110207023137.jpgIMG_0312_convert_20110207023205.jpg 
⑥④に振るった粉の半分入れ、切り混ぜる。
 粉気が少し残るところで メレンゲの1/3を入れ切り混ぜる。(メレンゲは加える前に立て直す。)
 残りの粉を入れ同様に混ぜ、残りのメレンゲを2回に分け加え、その都度同様に切り混ぜる。 
IMG_0313_convert_20110207015019.jpgIMG_0314_convert_20110207015104.jpgIMG_0315_convert_20110207015132.jpgIMG_0319_convert_20110207015207.jpg
⑦ムラなく混ぜる。
⑧絞り口がカットされていない搾り袋に生地を全て入れ、大き目に口をカットし、型に絞っていく。
 この時、空気が入らないように、少し押し付けながら角を取る様に絞っていく。
 (ゴムべらで加えても良い。)
 表面をならし、濡れ布巾の上でトントン空気を抜き、170度のオーブンで25~30分焼く。
⑨焼き上がり時間になったら、高く盛り上がった部分を竹串で刺し、
 ついてくる生地がポロポロしていれば、オーブンから出す。 
※パウンド型の場合は170度45~50分で様子をみます。
⑩型から出し、冷めたケーキ表面の盛り上がった部分を少しカットし、逆さにのせて完成。
 お好みで、塗りシロップ(ラム酒入り)や溶かしたチョコレートをかけてもgood!!







プロフィール

ひまわり7月

Author:ひまわり7月
小さな幸せを楽しんでいる主婦です(*´∀`*)
食にまつわる事にとっても興味があり、手作りしたものを写真に残してます。

最新記事
カテゴリ
送料無料っていいよね♪
オススメ☆
これいいよ(#^.^#)
コーヒー通の豆専門店 1杯49円                                                らでぃっしゅぼーや
ヽ(*´∀`)ノ
被リンク増やす君
アクセスアップを目指すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。